成績向上のために

前の記事で締めくくったように、現状は納得できる成績を得ることができないでいます。

もちろん、経験が不足していることもありますが、それと同様かそれ以上に気になっているのがエントリーのタイミングです。

以前FXをトレード(比較的短期)していた経験からすると、エントリーのタイミングは非常に重要であることを理解しています。

ところが、このQMR手法は、エントリーのタイミングが一律に決まって(マーケットがオープンしてから3分後の9時3分)います。

そこで考えたのが、エントリーするタイミングを計ってやれば、あるいは成績がいくらかでも向上するのではないかと。
それほど高度なスキルが無くても勝ちやすくなるのではという目論見です。

もちろんこの方法で成績が向上するか、それとも悪化するかは今のところ全く分かっていませんが、研究する余地は十分あるのではないかな、ということです。

エントリーのタイミング

つまりはどういうことかと言うと、“エントリーのタイミングを自分で決める”。
ただそれだけのことです。

オリジナルのQMR手法では一律の時間でエントリーしていたものを、“反転しはじめてから”エントリーする、というルールにします。

上手く反転のタイミングを捉えることができれば、大きな損失を出すことなくトレードできそうな気がしているからです。

ここで、大きな損失となるケースを考えてみると、3分足での3分から始まる(エントリー直後)の足が大きく逆行したためがほとんど。

ですから、そういうケースさえ回避できれば、エントリーのタイミングがずれることで多少利益が少なくなったとしても、十分勝ちトレードに持っていける可能性は高いのでは、という算段です。

なおこのルールだと、今までのエントリーのタイミング9時3分よりも早くなることもあれば遅くなることもありそうですが、概して遅くなるのではと予測しています。

また反転せず、始めから一方向に動くような銘柄では、エントリーのタイミングはなし、つまりエントリーしない場合もあるかもしれません。

チャートの足のインターバルを変更

実は他にも今まで気になっていたのは、チャートの足のインターバル(足種)です。

今までは3分足で行ってきましたが、この日本株では少し荒く、細かな動きを捉えられないような気がしていました。

そこで、3分より短い足の利用を考えます。

例えば今日(12/7)の6981(村田製作所)のチャート。

従来の3分足がこれ。
20161207_6981_3m

対して2分足。
20161207_6981_2m

3分足に較べると、より細かな動きを捉えられそうです。
そして最も重要なエントリーのタイミングは、4本目の同時足が出た直後(9時8分)とすればよさそうです。

では、もっと短い1分足だとどうなるかというと。

1分足
20161207_6981_1m

序盤の大きく動く時にはいいのですが、9時15分以降のなだらかな上昇時に、陰線がノイズとなっていくつか出現しているのが気になります。

上昇する時には陽線だけが出て欲しいですし、下降ならその逆で、逆にトレードしにくいようです。

結果としては、2分足に落ち着くのかな、という印象です。

ちなみに、他の銘柄だとこのよう。
小刻みに動くレンジを形成した銘柄です。

3分足
20161207_8795_3m
3分足ではかなり急な動きに見えます。

2分足
20161207_8795_2m
2分足でもまだ急。

1分足
20161207_8795_1m
1分足でようやくまともにトレードできそうな形です。

まあ、ここまで揉み合うケースは例外として扱うのがよさそうで、基本は2分足がベストの印象です。

まとめ

ここまでつらつらと書いてきましたが、結局のところ、以下の変更を適用したいと考えています。

・エントリーのタイミングは反転し始めた直後
・使用するチャートは2分足

この手法がどこまで通用するか分かりませんが、ひとまず明日からトライするつもりです。

ダメならダメで元に戻せばいいですし、デモトレードなのでいろんなことを試してみるいい機会なので。

QMR(クイックマジック・リバーサルプレイ)を使った日本株トレード

デイトレードネットで紹介されているクイックマジック・リバーサルプレイ

マーケットの開始2分後にボトムスキャンで表示された銘柄全てにエントリーする手法です。
ですが、そのエントリーはリバーサル(逆方向)。

デイトレードを始めたばかりのサイト管理人が、どこまでできるでしょうか?