デモトレード79日目 東京マーケット 15日(木)

後もう少しでプラスで終えられたかな、というトレードでした。
いつもとは違うトレードができた印象です。
20161215_result

ボトムスキャン
20161215_bottomscan

日経平均 3分足
20161215_nikkei225
開始後しばらくして大きく下げました。

ロングサイド(ショートサイドへエントリー)

6971 京セラ
20161215_6971
ギャップアップではありましたが、236ガイドラインを大きく上抜いてきたのでロスカット。
300株 -5400円

6988 日東電工
20161215_6988
こちらも同じくロスカット。
200株 -2800円

7202 いすゞ自動車
20161215_7202
いったんは下げたものの、反転ポイントを上抜いてきたので損切りしたのですが...判断が早かったよう。

確かに、上抜いたと言っても短い足、しかも含み損が小額ならホールドという判断も可能だったか。
1000株 -2000円

7741 HOYA
20161215_7741
こちらも236ガイドラインを大きく上抜いたのでロスカット。
300株 -6600円

4911 資生堂
20161215_4911
こちらもロスカット。
今回は、ショートサイドエントリーの銘柄が早々になくなってしまいました。
500株 -6000円

ショートサイド(ロングサイドへエントリー)

6301 小松製作所
20161215_6301
この時点ではホールドだったか?
3本目の足の大きな下げが見えていたので、すぐにロスカットのつもり満々でした。
気持ちというか、判断の素早い切り替えが必要!
500株 -3500円

7974 任天堂
20161215_7974
「やっぱりそうなるよね」という動き。
4本目のとても長い上ヒゲの直後のイグジットがやはり正解。
100株 +11000円

5411 JFE HLDGS
20161215_5411
2本目の反転ポイントでの切り返しを期待しましたが、下抜いたためロスカット。
1000株 -6000円

2914 日本たばこ産業
20161215_2914
天井圏らしき動きの後、陰線3本が表れたので、次は陽線の確率が高いと思いホールド。
案の定上昇しましたが、3本目が陽線ではなく陰線だったので手仕舞い。
500株 +9000円

8766 東京海上HD
20161215_8766
2本目の反転ポイントを下抜いてきたのでロスカット。
300株 -2100円


今回のトレードで感じたことは、手仕舞い(特にロスカット)の判断基準が明確になってきたこと。

「こうなればこうする」という自分なりの判断基準を持つことで、手仕舞いに迷いが無くなりそうです。

ただ、利益を伸ばす方向の基準はまだあいまいなので、これからはそれを見つけることに力を注がなければいけません。