10月のトレード結果

10月のトレードが終わったので、今月の結果を振り返ってみたいと思います。

各日の損益の状況がこちら。
201610jp_profit_and_loss

損益トータル:-86,200円

内訳
利益トータル:140,800円
損失トータル:227,000円

トレード回数19回のうち、勝ちは10回、負けは9回と、勝ち越してはいるものの、トータルの金額としては-80,000円以上の負け。

そこで、利益と損失の1回のトレード当たりの平均を計算してみました。

平均利益:14,080円/トレード
平均損失:25,222円/トレード

つまり、勝ちトレードの利益が、負けトレードの損失よりずいぶん(11,000円以上)と少ないことがわかります。

そうなると、やはり資産曲線はこのように右肩下がりに。
201610jp_equity_curve

トレードをすればするほど損失が大きくなってしまっています。

そこで、特に利益の少なかった3日、18日、19日、20日において、大きく利益を取れたはずのトレードを掲載すると以下になりました。

10/3 4755 楽天
20161003_4755
最初のプルバックでイグジットすれば+10,000円、11:30までホールドすれば+40,000円ほど。

10/3 6301 小松製作所
20161003_6301
ホールドしていれば+12,000円から24,000円ほど。

10/19 5108 ブリヂストン
20161019_5108
倍の15,000円ほど取れていました。

10/19 7267 本田技研
20161019_7267
+7,000円くらいでしょうか。

10/19 9432 NTT
20161019_9432
最大で28,000円の利益。

10/20 8035 東京エレクトロン
20161020_8035
+14,000円ほど。

10/20 8795 T&D HLDGS
20161020_8795
最後までのホールドは難しいが、もしできれば+17,000円ほど。

10/20 6971 京セラ
20161020_6971
+10,000円ほど。

これらの銘柄を上手くトレードできたとすると、トータルで80,000円〜90,000円の改善。
つまり、月を通してトントンかプラスにはできていた、という計算になります。

あとは、損切りをいかに早めにできるか。
一時は大きめの損切り幅でトレードしていましたが、やはり損失が大きくなる傾向になったようで取りやめにしました。

これらの点が改善できれば、月間成績は何とかプラスになりそうな印象です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)