デモトレード42日目 東京マーケット 20日(木)

今日はなんとかプラスで終了。いくつかの課題が残りました。
20161020_result

ボトムスキャン
20161020_bottomscan

日経平均 3分足
20161020_nikkei225
指数は序盤からアップトレンド。しかもかなりの勢い。

ロングサイド(ショートサイドへエントリー)

7269 スズキ
20161020_7269
ショートサイドエントリーの銘柄で、唯一ゲインのあった銘柄。
イグジット後はかなりの勢いで戻してきました。
500株 +6000円

9020 東日本旅客鉄道
20161020_9020
ロスカットレベルを大きく超えてしまいました。
200株 -16200円

4568 第一三共
20161020_4568
含み損が2500円ならまだ待つべきだったか?
500株 -2500円

4507 塩野義製薬
20161020_4507
大きく上げた後しばらく待ったのですが下げきらず。
300株 -3900円

4063 信越化学
20161020_4063
反転ポイントを勢いよく上抜き、一本待ったのですがそれほど下げず。
損切りの判断をしました。
200株 -3800円

ショートサイド(ロングサイドへエントリー)

6301 小松製作所
20161020_6301
勢い良く大きく上げてきたのでイグジットの判断がよかったようです。
500株 +5000円

8035 東京エレクトロン
20161020_8035
反転、下落してきたのでイグジットしました。
サポートラインだったようです。
200株 0円

8795 T&D HLDGS
20161020_8795
ここまで大きく下がるとイグジットしてしまいます。
1000株 +8000円

6971 京セラ
20161020_6971
8035(東京エレクトロン)と同じく、もったいなかった手仕舞い。
300株 0円

5401 新日鐵住金
20161020_5401
6301(小松製作所)と共に最後までホールドしていた銘柄。
4本大きく上げた直後にイグジットが正解だったか。
500株 +9500円


今回の反省は、利益を取り逃した銘柄がいくつかと、9020(東日本旅客鉄道)の損切りが遅れた点。

サポートラインを強く意識すること、損切りラインを厳守することが課題です。

この3日間、プラスではあるものの大きく取れていない状況。
負けにくくなっていることはいい点ですが、いつか負ける日が来ることを考えると、大きな貯金が必要です。