デモトレード37日目 東京マーケット 13日(木)

今日は残念ながら負け。リバースのタイミングが損切り後になった銘柄が多く見受けられました。
20161013_result

ボトムスキャン
20161013_bottomscan

日経平均 3分足
20161013_nikkei225
指数は迷いながら上昇するも、大きく下落しました。

ロングサイド(ショートサイドへエントリー)

8035 東京エレクトロン
20161013_8035
大きく上昇後、損切り。
200株 -5400円

7267 本田技研
20161013_7267
こちらも損切りに。
500株 -7500円

6902 デンソー
20161013_6902
もう少し待つ手もあったか?
300株 -4200円

4502 武田薬品
20161013_4502
ほとんど動かなかった銘柄。
上昇トレンドになり、20MAを上抜いてきたので手仕舞い。
300株 0円

6770 アルプス電気
20161013_6770
ショートサイドエントリーの銘柄のうち唯一ゲインのあったもの。
底打ち感があり、戻してきたので手仕舞い。
500株 +11500円

ショートサイド(ロングサイドへエントリー)

9432 NTT
20161013_9432
反転ポイントを下抜いてきたのでロスカット。
300株 -1200円

9433 KDDI
20161013_9433
弱かった銘柄。多少戻したものの、20MAとの位置関係から上はないと判断しロスカット。
500株 -5000円

9437 NTTドコモ
20161013_9437
最後までホールドしていた銘柄。いったんは若干のプラスにはなったものの、急落。
下げ止まるポイントまで持とうと思いましたが損失を膨らますばかりでした。
500株 -4500円

9735 セコム
20161013_9735
早々と手仕舞いになった銘柄。
200株 +1600円

6367 ダイキン工業
20161013_6367
-8000円の損切りは少なすぎるか?最近はこういうパターンが多い。
200株 -8400円


指数の10時以降の下げを見ると、このタイミングでショートエントリーの銘柄をひとつでも持っていれば、という印象です。

この手法(QMR)は、9:03に全ての銘柄に無条件にエントリーというルールですが、銘柄によってはそのタイミングを後にずらす方法の研究も必要そうです。