デモトレード35日目 東京マーケット 11日(火)

今回はプラスで終わったものの、要改善のトレードが多いものとなってしまいました。
指数が強かったせいか、ショートサイドエントリーは全て損失、ロングサイドエントリーは全てプラスとなりました。
20161011_result

ボトムスキャン
20161011_bottomscan

日経平均 3分足
20161011_nikkei225
指数はギャップアップ後、ロングサイドへ。

ロングサイド(ショートサイドへエントリー)

4063 信越化学
20161011_4063
大きく上昇したので損切り。そこが天井でした。
200株 -7400円

8766 東京海上HD
20161011_8766
こちらも上昇したので損切りました。
300株 -7200円

8630 SOMPO HLDGS
20161011_8630
天井で損切りしてしまっています。
500株 -8000円

8035 東京エレクトロン
20161011_8035
こちらも同じく。悪いタイミングでのロスカットになっています。
200株 -4000円

9020 東日本旅客鉄道
20161011_9020
陰線が出始めたので下げるかと思いましたが、陽線が続き強いと判断。ロスカットしました。
200株 -6400円

ショートサイド(ロングサイドへエントリー)

9437 NTTドコモ
20161011_9437
見切りが早すぎました。
500株 +8500円

6301 小松製作所
20161011_6301
始値でいったん跳ね返されており、上抜きそうになかったのでイグジット。
500株 +6500円

5411 JFE HLDGS
20161011_5411
20MAを割り込んできそうだったのでイグジット。もう一段上がありました。
1000株 +21000円

7267 本田技研
20161011_7267
こちらも早めのイグジットになってしまいました。
500株 +5000円

9433 KDDI
20161011_9433
こちらも良くないトレード。
500株 +7000円


今回はプラスで終えられたものの、ロングサイド、ショートサイド共に理想的とはいえないトレードがいくつかありました。

ショートサイドエントリーの銘柄を見ると、大きく伸びた後にロスカットしていますが、ちょうどその時点は折り返すタイミングと同じことが多いよう。

つまり、大きく伸びた後、含み損が-8000円以内であればしばらく様子を見るのが、いい戦略かもしれません。