デモトレード11日目 東京マーケット 1日(木)

今日は、午前中に用事があったので9時半までの30分だけのトレードとなりました。
幸いにもショートサイドはその時刻がちょうど折り返し地点。
図らずもベストのタイミングでのイグジットとなりました。
20160901_result

ボトムスキャン
20160901_bottomscan

日経平均 3分足
20160901_nikkei225
指数は序盤下落。その後上昇しました。

ロングサイド(ショートサイドへエントリー)

2802 味の素
20160901_2802
9時半のイグジットがベストタイミング。
その後上昇しました。
500株 +3500円

8591 オリックス
20160901_8591
こちらは損切りです。
1000株 -6000円

4523 エーザイ
20160901_4523
9時半にイグジット。
2本目の大きく下落したタイミングでの方がよかったか?
200株 -1400円

2503 キリンHD
20160901_2503
大きく下落しました。
毎回こういう銘柄があると楽なのですが。
1000株 +24000円

4503 アステラス製薬
20160901_4503
こちらも一方的に下落。
1000株 +17000円

ショートサイド(ロングサイドへエントリー)

5108 ブリヂストン
20160901_5108
9時半にイグジットした銘柄のひとつですが、その後も上昇しています。
500株 +10000円

4901 富士フイルム
20160901_4901
こちらも同じく上昇。
500株 +8500円

6367 ダイキン工業
20160901_6367
前場はかなり上げています。
200株 +1400円

8725 MS&AD HLDGS
20160901_8725
エントリー価格とほぼ同じの236ガイドラインが抵抗になっているようだったので、もう少し早く損切りしようかと思いましたが、-8000円まではと持ち続けていました。
500株 -9500円

8750 第一生命
20160901_8750
陰線が前の陽線を大きく飲み込んできたので、いつもならイグジットしていましたが、トレード終了の9時半まで後少しだったので持ち続けました。
1000株 +4000円


昨日と今日のトレードで、この手法(QMR)を日本株で行うときのトレードのスタンス(心構え?)のようなものが少し見えてきた感じがします。
言葉で言い表すのはとても難しいですが、この手法を全面的に信頼して、後は株の動きに任せる、というイメージでしょうか。

今回は時間的に制約があり、その時間まではほとんど(8銘柄)をホールドしようとしましたが、それが良かったのかもしれません。