デモトレード6日目 東京マーケット 25日(木)

今回も負けトレードになってしまいましたが、本来なら利益になる失敗トレードの共通点が見えてきました。
トレンドフォローではないこの手法ならではのものです。

20160825_result

ボトムスキャン
20160825_bottomscan

日経225
20160825_nikkei225
寄り付きは下落、その後一時上昇しましたが、再び下落という非常にやりにくい動きでした。

ロングサイド(ショートサイドへエントリー)

8113 ユニチャーム
20160825_8113
大きく逆行したのでロスカットです。
500株 -7000円

2914 日本たばこ産業
20160825_2914
同じく大きく上昇したためロスカット。
500株 -2000円

6367 ダイキン工業
20160825_6367
逆行したためロスカットしたのですが、その後下落しています。
本来ならプラスで終えることができていました。
200株 -2200円

6988 日東電工
20160825_6988
やりようによってはプラスで手仕舞えていたかも?
200株 -2000円

8058 三菱商事
20160825_8058
大きく逆行したのでロスカット。
損失額を少なくはできたかもしれません。
1000株 -8000円
(本来の株数は500株でした)

ショートサイド(ロングサイドへエントリー)

9983 ファーストリテイリング
20160825_9983
一時は10000円以上の利益が出ていました。
236ガイドラインが抵抗となり下落し損切りです。
100株 -5000円

3382 セブン&アイ
20160825_3382
逆行したためロスカット。
300株 -6000円

9020 東日本旅客鉄道
20160825_9020
今回のトレードで唯一利益になった銘柄。それでも最大利益の半分ほどです。
200株 +6800円

8766 東京海上HD
20160825_8766
損切りが早すぎたか?
300株 -2100円

8750 第一生命
20160825_8750
昨日の9983(ファーストリテイリング)や、今日の8766(東京海上HD)やこの銘柄など、最も悪いタイミングで手仕舞っているため利益を逃しています。
1000株 -7000円

リバーサルを狙うこの手法では、トレンドの転換点とエントリーのタイミングが重要になってきます。
エントリーは9時3分と決まっていますが、そのタイミングが転換点になるとは限らず、場合によってはその後もトレンド方向に動くこともあり。
そのため、ある程度の許容度(8000円分)を超えない限り損切りしないのが良さそうです。